商品とサービス

航空機オペレーティング・リース商品とサービスJPリースプロダクツ&サービシイズ株式会社の航空機リース商品とサービスについてご紹介します。

JPリースプロダクツ&サービシイズ株式会社では、お客様のビジネス・ニーズに合わせた金融商品を取り扱っております。現在、航空機を主体とした動産オペレーティング・リースの商品をご提供しております。


img

航空機オペレーティング・リースとは

営業者は投資家からの出資金と金融機関からの融資金によって資金調達を行い、航空機を購入したうえで航空会社へリースを行います。リース終了時には航空機を売却することでリース事業が終了します。 航空機オペレーティング・リース事業においては、投資家は営業者を通じてリース期間中はリース事業の利益を受取り、リース終了時には航空機の売却金によって売却益を受け取ることが期待できます。

※ 「営業者」は、特定の航空機リース事業のみを行う特別目的会社として日本国内に設立する合同会社、または株式会社です。

※ 航空機の売却時の市場動向によっては、投資家は投資金額の一部または全額を回収できない場合もあります。

航空機オペレーティング・リースの仕組み



img

航空機の資産価値

オペレーティング・リースは市場価値が比較的安定した設備を対象に行われており、航空機のほかに船舶、建設機械、工作機械等が対象となっています。
そのなかでも航空機は航空輸送の成長性を背景に将来的に高い需要の伸びが予想されることや、国際的に広く流通する設備であることから流動性に優れた資産として安定した投資リターンが期待できる対象物件です。




img

航空機オペレーティング・リース事業への投資

営業者は投資家からの出資金のほかに金融機関からの融資によって資金調達を行うことにより、投資家は少ない資金でより大きな資産を保有することができるため、より大きな減価償却メリットを享受することができます。




img

リスクについて

航空機オペレーティング・リース事業への投資は、売却価格が予想を下回る市場リスク、航空会社の信用リスク、為替リスク等のリスクを伴う投資です。投資のご検討に際してはこれらのリスクについて十分な検討が必要です。